スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
いたちっち。  ←いたちっち。 【--年--月】の更新記事一覧 →樹脂会  樹脂会
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

右利きのヘビと左巻きのカタツムリ

右利きのヘビと左巻きのカタツムリ

【タイトル】 右利きのヘビと左巻きのカタツムリ
【講演者】  細将貴
【講演時間】
 一回目 11:00-11:40、二回目 16:00-16:40
 講演30分、質疑応答10分、その後サイン会。
 二回とも講演内容は同じです。
 著作は会場にてご購入いただけます。

【出展ジャンル】 書籍 標本 爬虫類 軟体動物

【出展者紹介】
 カタツムリを食べるヘビの研究をしています。
 京都大学白眉センター特定助教。博士(理学)。
 著書「右利きのヘビ仮説 ― 追うヘビ、逃げるカタツムリの右と左の共進化」
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4486018451

【講演内容】
 左右の非対称性はさまざまな動物の体に見られる特徴ですが、
 なぜ、そしてどのように進化してきたのかは、ほとんど
 わかっていません。なかでもカタツムリには、あからさまに非対称な
 「巻き型」の謎に加えて、「巻き型の左右反転」という
 ワケの分からない進化の謎があります。

 この講演では、左右反転進化の謎を解くカギを握っていた
 「右利きのヘビ」と、謎解きの過程で発見されたカタツムリの
 さまざまな対ヘビ防御の仕組みについてお話します。

 また講演後、著書「右利きのヘビ仮説」の即売サイン会をします。
 イワサキセダカヘビの抜け殻、対ヘビ防御の仕組みを備えた
 カタツムリの殻なども出品する予定です。
hososan02.jpg

人気ブログランキングへ
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
いたちっち。  ←いたちっち。 【2013年10月】の更新記事一覧 →樹脂会  樹脂会
 

~ Comment ~

みなさまへ

講演について、野外調査の話が聞きたい、西表島で出会える生き物について説明してほしい、といった要望があれば、このコメント欄に書き込んでください。

リクエスト

西表島で出会える生物で「今は手が回らないけどそのうち解析してみたい」ような面白いヤツがいたら紹介して欲しいです。
楽しみにしています!

回答

はい、承知しました!

リクエスト

(当日参加できるか未確定なのですが、、)
カタツムリとヘビ以外に、共進化の面白い事例があれば紹介して欲しいです!

回答

はい、承知しました。時間足りるかなー
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。